樹種のこと

スギ

学名:Cryptomeria japonica | ヒノキ科スギ亜科スギ属の常緑針葉樹
スギは日本で最も多く植林された木で、学名は日本の隠れた宝と意訳されることもあるほど古来から大事にされてきた日本固有種。建築材料や家具・船・酒樽・下駄など日本の文化を支えてきた木でもあり、現在も万能選手として大切にされている。板にすると年輪がはっきりしており、色が濃いため男っぽい。酒樽に使われるように、スギ独特の芳香がある。冬でも青々とした葉は、細かくトゲトゲしており、新酒に合わせた杉玉に使われる。

ヒノキ

学名:Chamaecyparis obtusa | ヒノキ科ヒノキ属の常緑針葉樹
ヒノキには精油分が含まれ、火起こしに使用したことから「火の木」と呼ばれたとも言われている。独特の香りはアロマ効果があり、樹齢が増すほど香りが強くなる。板にする木肌のキメが細かくなめらかであるが、スギ・サワラに比べると硬い材なので、傷はつきにくいが感触は冷たい。防腐・防虫効果があり、耐久性・保存性に優れているため神社仏閣の建築材として古くから使われている。うろこ状の葉は、殺菌効果に注目され刺身の敷き葉として使われることも多い。

サワラ

学名:Chamaecyparis pisifera | ヒノキ科ヒノキ属の常緑針葉樹
サワラは、水に強く、割れにくいため古くから風呂桶などの水回りに使われた。材質はスギやヒノキに比べて柔らかいため、構造材に使われることは少ない。フローリングに使うと傷はつくが、足触りは柔らかく温かみがある。見た目は、少し黄色味がかっており、明るい表情を見せる。ヒノキと同じくうろこ状の葉は、鮮魚や松茸などの敷き葉として使われる。